ゲームマーケット2020秋に行ってきました!-前編-
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ゲームマーケット2020秋に行ってきました!-前編-

昨今のコロナ禍で一年越しの開催となったゲームマーケット。
例年ではカタログについてくる入場チケットで入れましたが、今年は「ゲームマーケット出張版2020in浅草」から導入された時間制のチケット販売に。
けれど一年越しのアナログゲーム祭典! 行かないわけにはいかない!
そんなわけで2020年11月15日(土)16日(日)に開催された「ゲームマーケット2020秋」に行ってきました!


【ゲームマーケットってなに?】

ゲームマーケットは“電気を使用しない”アナログゲームの販売イベントです。
出展者が制作したボードゲームやカードゲーム、TRPGなどをはじめ、遊ぶ上で「こういうのがあれば便利だな」と思う小物やグッズも販売されています。
例年ではトークショーイベントやボードゲームやTRPGを遊べる試遊卓などもありますが、今回は感染症対策でありませんでした。残念……。


【今年の参加人数】

ゲームマーケット公式サイトで発表された速報によると、2日間合わせて13,300人が参加されたとのこと。
昨年のゲームマーケットでは2万人を超えていたので、半分ほどにはなっていますが、それでも参加者数は1万人を超え、久しぶりの大型イベントということで期待値が高かったことがうかがえますね!

事前販売分のチケットしかなかった「出張版2020in浅草」と異なり、「2020秋」では当日の販売チケットも用意されていました。
Twitterなどで参加した方が盛り上がっているのを見て「今からでも行きたい!」となったときでも参加できるのはうれしいですね。
ですが、当日販売チケットが次回以降も用意されるかどうかわからないそうなので、お目当てがある場合は事前販売分を買っておいたほうが安心ですね!

▼会場内の様子

会場内の様子3

会場内の様子1

会場内の様子2


【会場内を歩いてみました!-前編-】


10:00の開場に合わせ、場内では拍手が響きました。
どこからともなく拍子木の音も?
会場に漂う熱気となんともいえない高揚感に「ゲームマーケットが始まった!」という感じがします。
出展者の笑顔や、拍手の音、来場者の新作を買いたいという殺気立った様子さえどこか懐かしく、思わず感極まって泣きそうになりました。
入り口近くでは、ゲムマライブパーソナリティの柚井ゆいさんによる放送が行われていました。
このゲムマライブはYouTubeのアークライト公式チャンネルで見逃し配信が行われています。
URL: https://www.youtube.com/watch?v=jDXXKCzsK2k&t=10s

ゲムマライブ


■A館:企業ブース

企業ブース入口

まず企業ブースから見ていきたいと思います。
いつもは大きな看板やのぼりなどで装飾されているブースが多くにぎやかなエリアですが、今回は全体的に大きな看板のあるブースは少ないように見えますね。
 イベント特価での販売や、新作の展示なども行われていました。

▼Yellow Submarine(イエローサブマリン)

イエサブ写真

ゲムマライブでも紹介されていたオインクゲームズさんのボードゲーム自販機を見つけました!
ボタンの上もボードゲームのシールが貼られていてかわいいです。

▼オインクゲームズ

自販機1

自販機2

自販機3

A館をしばらく歩いていると、水色のフォルムをしたかわいい子を見つけました!
手を振って取材班を呼んでいます。飛び跳ねたり手を振ったりとかわいい!
写真を撮ろうとすると決めポーズをしてくれます。

▼BoDoGeGo

すたぴくん写真

こちらはボードゲーム専用プレイヤーマッチングアプリを運営しているBoDoGeGoさんです。取材班に手を振っていたのはスタピくん。
マッチングサービスをはじめ、全国のボードゲームスペース情報やお得なクーポンなども提供しています。
ボードゲームを遊びたいけど、どこで遊べるのかわからない、人が集まるか不安! という時に便利ですね。

▼MAGI

画像10


次に見つけたのは「ニャーメンズ」シリーズや「まじかる☆ベーカリー」シリーズを発売しているMAGIさんです。
入口付近でバッグ無料配布を行っていました。絵柄がポップでかわいいですね! こちらリバーシブルになっていて普段使いもできる優れもの。
取材班も去年頂いたまじかる☆ベーカリーバッグを大切に使用しています。

▼ニャーメンズバッグ

ニャーメンズバック

ニャーメンズバック1

ニャーメンズバック2.

■B館:個人ブース

画像15

画像16

次にB館のほうまでやってきました。個人やサークルでの出展者が多いエリアです。

自作のボードゲームやTRPGをはじめ、ダイスやコマなどのグッズが販売されていました。中には、サイコロのネックレスなんて変わりだねも。
取材班も新しくサイコロを買ってしまいました!

ダイス


二日目はTRPG関連のブースも多く出展していました。
歩いていると、会場の一角に「TRPGミニ図書館」を見つけました! 現在発売中のTRPGの関連書籍が閲覧できるようになっており、取材中も、多くの方が手にとっていました。


▼TRPGミニ図書館写真

TRPG図書館1

TRPG図書館2

TRPG図書館3

【次回!】

次回の『会場内を歩いてみました!-後編-』では、現場の感染症対策、出展者や来場者へのインタビューなどを掲載します。
お楽しみに!

テーブルトークRPGをサポートする書籍『Role & Roll』の編集部です。 新刊の情報や、読んで楽しいコラムなどを掲載していきます!