新作TRPG試し読み!『現代感傷エクソシストTRPG 願望色の存在証明』
見出し画像

新作TRPG試し読み!『現代感傷エクソシストTRPG 願望色の存在証明』

『アルケミア・ストラグル』に続く、グループSGRが贈る新作TRPG第二弾!

凶悪犯罪、巨大災害、テロリズム渦巻く21世紀。
これらはすべて心の闇に取り憑く異形の怪物、『色喰らい』が原因だった。
プレイヤーは自らの願望を叶えるために超常の存在と契約し、願望の異能力者『存在者』となり、『色喰らい』と戦う。しかし、この力の代価は自分と世界との繋がり『ペルソナリンク』だった──。
さまざまな想いが交差する中で、君が抱く願望の色は“何色”か。

『現代感傷エクソシストTRPG 願望色(ディザイアカラー)の存在証明』(以下、『願望色の存在証明』)が1月27日ごろに発売されます。
発売に先駆け、ゲームの内容を一部ご紹介します!
試し読みもできますのでぜひご覧ください。

画像1

【どんなTRPGなの?】

一度は空想したことがないだろうか?
ある日特殊な能力を身につけた自分が、突如戦いに巻き込まれることを。強大な怪物に襲われる友人を、颯爽と現れた自分が倒す場面を。過酷な運命に打ちのめされそうになりながら、それでも前に一歩踏み出す決意をする自分の姿を。
退屈な授業中に。眠りに落ちる前のベッドで。ぼうっと車窓を眺めながら。ノートに書き出した物語のカケラたち。
あの時空想した戦いを、大人の本気で、もう一度描こう。
必要なのは想像力と本書、6面体のサイコロ、それと一緒に物語を描いてくれる友人だ。
プレイヤーが操るキャラクター(本ゲームでは存在者と呼称している)は、皆強い願望を抱いている。ゲームの物語を通じて、その願望を成就させる(または、成就に近づく進展をする)ことを目的の1つとしている。
強い願望を抱く存在者同士が邂逅し、ぶつかり合って生まれるドラマチックでエモーショナルな展開や、強大な怪物との胸が熱くなる激しい戦いを演じることが、このゲームの魅力であり、醍醐味である。
(『願望色の存在証明』ルールブックより)

『願望色の存在証明』は内に秘めし厨二病を発露させるTRPGです!
昼休み後、暖かい教室でうとうとしながら5時間目の授業中に考えていた
「もし今ここでテロリストが入ってきたら」
「いきなり校庭に巨大な魔法陣が現れ、異世界の生物が攻めてきたら」
「転校生の美少女がいきなり立ち上がって意味ありげに去っていったら」
なんてアレコレの妄想が! 友人たちと遊ぶことで実現できるのです!

誰も触れてはならない願望を詰めた禁忌の匣(パンドラ)。
畏れられ、記憶の奥底に封印された匣(パンドラ)が解き放たれる!
さぁ、今こそ闇に紛れた異形の巨悪に立ち向かえッ。
(『願望色の存在証明』は「かっこよく戦って」「願いを叶える」TRPGです。ぜひ一緒に楽しみましょう!)

世界観の詳細は【世界観】をご覧ください!


【システム】

深度のあるハンドアウト
『願望色の存在証明』では『アルケミア・ストラグル』と同様、シナリオによって事前にプレイヤーキャラクターについての設定や背景が記された「HO(ハンドアウト)」を使用する場合があります。
このHOには「情報深度」というものが存在しているので、最初に手に入れた情報が必ずしも正しいとは限りません!
深度が上がると、そのキャラクターが抱えている本当の秘密や目的などの様々な情報が出てきます。温厚な人が実は黒幕だったり!? ……なんてこともあります。
誰がいったい何を隠しているのか。自分の願望を叶えることはできるのか。
ドキドキのハンドアウトシステムです!



★PC1の公開情報
君はPC2、PC3、PC4は、一緒につるんで遊んでいる仲のいい友人だ。
修学旅行に向かっているバスの中でバスジャックが起きてしまった!
バスジャック犯に捕まったNPCのヒロインと、自分たち以外は逃がしたが、どうにかしてこの状況を切り抜けなければ!
「力が……欲しいか……」
脳に直接!? この声は……っ。
君の願望は「友人たちとバスジャックを鎮圧すること」だ。

★情報深度1
君は普段の様子からは想像させないが、内に秘めし厨二病を患っている。
この状況は君が夢に見た舞台そのものだ! なんとしてもかっこよく事態を収めたい!
君の本当の願望は「かっこよくバスジャックの犯人をとっちめること」だ。
今まで我慢していたのだから、ちょっと目立ってもいいじゃないか!

★情報深度2
君はこの力に溺れている。もっと力が欲しい、もっと長く生きていたい!
力を維持するのに、ちまちまと色喰らいを叩いて願望色を集めるなんて面倒だ。存在者を倒せば、しばらくは戦わなくてもいいくらいの願望色が手に入るのでは。
それならばいっそ……。
君の本当の願望は「存在者の命を奪うこと」だ。
目立つやつがいなくなれば、みんな自分を見るはずだ。


ダイスの判定方法
判定は『アルケミア・ストラグル』と同様に「ロール&ピック」方式です。
X個の6面ダイスを振り(ロール)、その中からY個のダイスを選択(ピック)した合算値が「達成値」となります。
これが定められた「目標値」以上となれば判定は成功です。


目標値14で「4D▶3D」のロール&ピック判定が求められました。
ロールダイスが「4D」のため、まず6面ダイスを4つを振ります。
出目の結果が「2、3、6、5」でした。この中から、3つのダイスをピックするので「6、5、3」を選択しました。
3つのダイスの数値を合算した結果、達成値は「14」となりました。
目標値以上の達成値を得ましたので、この判定は成功です。

またここでピックしたダイスの出目の合計数は、そのままコストとして消費されるので目標値にピッタリピックできるかがポイントになってきます!


【世界設定】

時は現代。
人類は多種多様な願望を抱くようになった。
しかしそれは、様々な心の闇を抱くことと同義だった。
その心の闇に取り憑き、人間の願望と存在を喰らう異形の怪物『色喰らい』が現れ、世界は人知れず狂気へと向かおうとしていた。
だが、その強大な色喰らいに立ち向かい、狩らんとする者たちがいた。
彼らの抱く強い願望は世界の境界を越え、神々の領域へと手を伸ばす。
この願望を叶える力が得られるなら、何を差し出しても構わない、と────。
『世界との繋がり』を磨り減らし、願望の異能『彩能』を行使し、色喰らいに立ち向かう者、『存在者』。

存在を盾に、願望を剣に。

抱く願望は力を与える闘気となって輝きを放つ。

その願望は、何色か。

(『願望色の存在証明』ルールブックより)


異能を手に入れた存在者。その強大な力を使用する代償は、存在者と世界との繋がり『ペルソナリンク』です。失ったペルソナリンクを取り戻す手段は、色喰らいを斃すこと以外ありません。
ペルソナリンクは、生きているだけで磨り減り続けます。存在者の殆どは、今生きていること自体が外界存在との契約による恩恵でもあるからです。
その契約方法は人によって違い、ある者は「自分以外の全ての時間が停止した世界で、頭の中に声が聞こえてきた」と語り、ある者は「死を確信して目を瞑って、再び開くと何もない真っ白な空間にいる『何か』が語りかけてきた」と語り、ある者は「病気でベッドからも起きれなかった頃、子供の頃から唯一の宝物だったぬいぐるみが、突然私と同じ声で話しかけてきた」と語ります。
結局その存在が何かは分かりませんが、「願望を叶えるための力を与える。その代価として、その力を使って色喰らいを倒せ」という契約をしたことに変わりはありません。そのため『存在者』は生きていること自体が願望であり、その願望には『ペルソナリンク』を消費し続けます。そして失った『ペルソナリンク』を補給するには『色喰らい』を斃さねばなりません。


【専門用語】

『願望色の存在証明』は心躍る厨二病ワードが様々あります。
その一部を皆様にご紹介いたします!

■存在者(イグゾシスト)
自らの願望を成就させるために外界存在と契約を交わし、異能の力「彩能」を行使する者。PCは全て存在者である。

■外界存在(アウターワンズ)
存在者に力を与えた超常の存在。
彼らはどういう存在なのか? それは矮小な人間には未だ推し量ることすら許されていない。

■彩能(カラード)
存在者が行使する、願望による異能の力。願望器を媒介として発動する。発動する際、存在者の抱く最も強い願望が願望色のオーラとなって現れる。

■色喰らい
人間の心の闇に取り憑く異形の怪物。存在者が倒すべき敵である。一般人は認識することすらできない。
宿主となった人間の願望を増幅させ、成就させるための能力「依彩」を与える。宿主が願望を叶える度に成長し、最終的には宿主の存在を取り込み、人間を直接喰らう怪物として顕現する。


【試し読み】

高画質版はこちらから

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8


【書籍情報】

発売日■2021年1月27日ごろ予定
定価■3,000円+[税]
著者■藤本ふらんく/グループSGR ■監修:小田ヨシキ
カバーイラスト■輪くすさが
ISBN978-4-7753-1892-8


テーブルトークRPGをサポートする書籍『Role & Roll』の編集部です。 新刊の情報や、読んで楽しいコラムなどを掲載していきます!