新作TRPG試し読み! 『シノビガミ 流派ブック 鞍馬神流』
見出し画像

新作TRPG試し読み! 『シノビガミ 流派ブック 鞍馬神流』

Role&Roll 編集部

 忍者となって使命を果たすため戦う『忍術バトルRPG シノビガミ』に存在する、6つの忍術流派を1つずつピックアップしていく「流派ブック」シリーズ。
 第二弾として登場するのは、武術の達人たちの流派「鞍馬神流くらましんりゅう」! 鬼一法眼きいちほうがん京八流きょうはちりゅうを祖に持つと伝わるその真の姿が、今、立ち現れる!!
 本記事では、その収録内容を紹介していきます。

※そもそも『シノビガミ』ってなに? という方は、まずこちらの記事からご覧ください。

※『流派ブック』第一弾『比良坂機関』については、こちらの記事をご覧ください。

『鞍馬神流』書影

界ノ巻 ワールドパート

 鞍馬神流という流派について、その起源や歴史、典型的な忍務、関わりの深い組織などを詳しく紹介しています。
 他流派に対する偏見、【接近戦攻撃】の指定特技にどの特技を選ぶかによって戦闘スタイルを表現する指針などは、ロールプレイの参考になるでしょう。
 新たな下位流派「密蔵番みつくらばん」は、異界の知識や秘宝の回収・管理を行う流派。絡めることで、面白いシナリオが作れそうですね。

理ノ巻 ルールパート

 鞍馬神流にまつわる追加ルール、新しい忍法や背景、奥義改造。エネミーなどのルールやデータを紹介しています。
 振るだけで、簡単に「鞍馬っぽい」名前が決められる「鞍馬系名前決定表」。
 「断城だんじょう」は、閉鎖空間を舞台にセッションを行うためのルール。地図を用いて、張り巡らされた罠、秘宝を守る強力な守護者との戦いといった、迷宮探検のような冒険を行うことができます。
 様々な武器に宿る精霊のような存在を登場させる「剣魂けんこん」、仕える主君を定めることで受ける支援と負う義務を決める「主君」などのルールも掲載されています。
 掲載されている追加データの内訳は以下の通りです。

  • 忍法48種(鞍馬神流12種、鞍馬秘伝8種、密蔵番12種、既存下位流派各4種)

  • 古流忍法9種(源義経みなもとのよしつねにまつわる古流忍法「義経流ぎけいりゅう」)

  • 背景24種(長所24種、弱点12種)

  • 奥義改造仕掛け12種(強み6種、弱み6種)

  • エネミー4種

人ノ巻 キャラクターパート

 鞍馬神流のサンプルキャラクターを8体掲載。下にも掲載しているかっこいいイラストはテンションが上がります! 
 キャラクターの使用指針も書かれているので、まだルールに慣れていない人でも安心。すぐに遊びたいときに使用するのはもちろん、自作キャラクターの参考にもなりますね。
 鞍馬神流専用のキャラクターシートも収録されています。

秘伝の剣術の使い手「秘剣使い」
妖魔狩りの専門家「降魔剣士」
護衛のエキスパート「護手」
忍者を処罰する腕利き「監察官」
恐るべき銃剣法の使い手「銃剣士」
妖魔の血をたぎらせ戦う「凶戦士」
身に宿る仏の力で悪と戦う「戦手拳士」
異界遺産を追うトレジャーハンター「遺産回収忍」

秘ノ巻 シナリオパート

 鞍馬神流に関連したシナリオを2本掲載しています。

・後始末
タイプ:協力型 リミット:3 プレイヤー人数:1
 抜け忍の捕縛忍務のために高校に潜入するシナリオです。多少の変更で鞍馬神流のキャラクターで遊ぶこともできます。プレイヤー1人で遊べるので、人数が集まらない時、サポートが必要な初心者でも気軽に遊べます。

竜虎相搏りゅうこそうはく
タイプ:対立型 リミット:3 プレイヤー人数:4
レギュレーション:現代編、平安編
 鞍馬神流によって数十年に一度、開催される「天下無双剣術大会」。優勝者に授与される神刀をめぐり、決勝に残った2人の剣士、それぞれの思惑を持つ他流派の忍者2人、4人の対立を描くシナリオです。

 『シノビガミ』に新たな楽しさを提供し、「鞍馬神流」のキャラクターの表現をより深める流派ブック第二弾、ぜひお楽しみください!!
 また、『比良坂機関』『鞍馬神流』以外の流派も、今後の『流派ブック』でとりあげていきます。ご期待ください!

書籍情報

シノビガミ 流派ブック 鞍馬神流
著■河嶋陶一朗/冒険企画局
発売日■3月31日ごろ
価格■1,800円+[税]
判型■B5
ISBN■978-4-7753-1995-6
商品リンク(Amazon)■シノビガミ 流派ブック 鞍馬神流

試し読み

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Role&Roll 編集部
テーブルトークRPGをサポートする書籍『Role & Roll』の編集部です。 新刊の情報や、読んで楽しいコラムなどを掲載していきます!